午前中のみに調子が悪くなる場合も精神的な病気の可能性がある

サイトメニュー

状態を改善する方法

困っている人 憂鬱な気持ちで朝を迎える人はストレスになっているのかもしれません。心療内科や精神科で相談してみましょう。また、初めて受診する人は実績があり評判の良いところを選ぶことが大事です。インターネットで口コミを調べてみましょう。

詳しく見る

病気かどうか確認する

悩む女性 朝起きるといつも憂鬱になってしまう人は心の病気かもしれません。実際に学校や会社をズル休みしてしまうようなら、すぐに心療内科や精神科にかかりましょう。そうすることで状態を改善することができるかもしれないからです。

詳しく見る

状態のチェックをしよう

ハートと聴診器 朝起きて憂鬱な気持ちになる人は多いものです。それが毎日続き、だんだん体調にも支障が出るようになったら心の病気かもしれません。しかし、自己判断は難しいので専門医に診てもらいましょう。心療内科や精神科受診がおすすめです。

詳しく見る

うつ病の可能性があります

悩む男性 朝起きた時に憂鬱な気分が長く続いたり、遅刻や欠勤などが増えた時は、うつ病に罹っている可能性があります。うつ病は朝起きた時に憂鬱な気分が強く、夕方から夜間になると良くなってくることが多いです。気になる症状が見られたら医療機関を受診して下さい。

詳しく見る

うつ病や不安神経症を疑う

医者と看護師 朝に憂鬱な気分が強く、着替えや洗面などの身支度に時間が掛かったり、遅刻や欠勤が増えることもあります。社会的な信用を失う可能性もあるので、気になる症状が見られる場合は、精神科や心療内科を受診することが大事です。

詳しく見る

つらいのなら専門施設へ

カウンセリング

午前中の調子の悪さがあるなら医療施設へ

昼から夜にかけては何でもないのに、朝という決まった時間にだけ気分が憂鬱になってしまう方が違います。もしも、仕事にストレスを感じていたり、悩みがあったりするのなら、朝に憂鬱になるのも仕方のないことでしょう。しかし、何もないのに決まった時間だけ具合が悪くなるというのなら、精神系の病気にかかっている可能性があります。治療費は保険を使って支払えるので、困っているのなら、医療施設を訪れて診察してもらいましょう。なお、初診のときは5000円程度持っていけば足りるといわれていますが、心配ならば10000円程度持っていくことをおすすめします。機器を使っての大げさな検査をするのならば別ですが、憂鬱な気分を診察してもらうだけならば、10000円以上になることはまずありません。もちろん、保険を使って治療をしてもらいたいのならば、保険証を持っていく必要があります。保険証の有効期限が切れていないことをきちんと確かめてから持っていけば、安心して医療施設を訪れられるでしょう。

気分が憂鬱になる精神的な病気といえば、うつ病ですが、それは自身には当てはまらないと感じる方もいるはずです。そのため、ただの気分の落ち込みだと感じて、医療施設を訪れるのをやめようと考える方もいるでしょう。確かに、普通のうつ病ならば、朝だけではなく、昼も夜もずっと憂鬱な気分が続いてしまいます。しかし、現在では特定の時間だけに気分が落ち込むうつ病もあるため、医療施設でドクターに診てもらったほうがよいです。非定型と呼ばれるうつ病の可能性があるので、ドクターに診察してもらい、病気なのか気分の問題なのかハッキリとさせましょう。病気かもしれないと考えて暮らすのはつらいでしょうから、できる限り早く診断してもらうことをおすすめします。ちなみに、医療施設を訪れる場合は、精神科か心療内科があるところを選択しなければいけません。それらの二つの診療科がある医療施設が、『朝に憂鬱になる』という症状の専門家がいるところなので、訪れやすいクリニックや病院を探してみましょう。

Copyright© 2019 午前中のみに調子が悪くなる場合も精神的な病気の可能性がある All Rights Reserved.