午前中のみに調子が悪くなる場合も精神的な病気の可能性がある

サイトメニュー

うつ病や不安神経症を疑う

医者と看護師

夕方や夜間に改善することが多いです

男女共に多忙な人が増えていますし、学校や職場でも人間関係が複雑なので、ストレスや疲労が溜まっている人が増加しています。学校や職場などが要因の場合は、朝に憂鬱な気分が強く出ることがあります。健康な人の場合は、趣味や娯楽を楽しんだり、十分な睡眠を取ることで数日で回復することが多いです。朝に憂鬱な気分が強く出ているため、朝が起きられず、遅刻や欠勤を繰り返している人が増えています。日常生活に支障をきたすだけでなく、社会的な信用を失う可能性があります。気になる症状が長く続いている場合は、精神科や心療内科のクリニックや病院を受診して下さい。精神科の病院やクリニックでは、うつチェックや問診などを行ってくれます。不安神経症やうつ病、非定型うつ病などの病気が隠れている可能性があります。朝に憂鬱な気分が強く、夕方や夜間になると改善する場合は、うつ病を疑う必要があります。体のだるさや食欲不振、不眠などの症状が見られる時は、早めに専門クリニックを受診して、病気を診断してもらいましょう。

精神科や心療内科の病院やクリニックは、完全予約制の所が多いため、待ち時間が少ないなどのメリットがあります。個人経営のクリニックの場合は、当日に電話を入れておくと、受診できることもあります。朝に憂鬱な気分が強く、着替えや洗面などの身支度に時間が掛かることもあります。以前に比べると、趣味や娯楽に関心が乏しくなったり、朝刊などが読めなくなることもあります。うつ病や不安神経症などの病気は、誰でも罹る可能性があるので、早めに医療機関を受診することが大事です。精神科の病院やクリニックでは、問診やうつチェックなどを行い、カウンセリングなどを行ってから、総合的に判断して病気が診断されることが多いです。うつ病は十分な休息や睡眠が必要な病気なので、内服薬の効果を高めるためには、規則正しい生活を送ることが大事です。朝に憂鬱な気分が強い時は、起床時に雨戸を開けたり、電灯を点けたりするのもお勧めです。うつ病は原因が不明な点もありますが、脳内のセロトニン不足でも罹りやすくなります。

Copyright© 2019 午前中のみに調子が悪くなる場合も精神的な病気の可能性がある All Rights Reserved.