午前中のみに調子が悪くなる場合も精神的な病気の可能性がある

サイトメニュー

うつ病の可能性があります

悩む男性

心身の不調が見られる時は、医療機関を受診

会社員や学生は、朝起きると通勤や通学をしなければなりません。人間関係や仕事、学業などの悩みを持っていると、憂鬱な気分になったり、すっきりと起きられないなどの症状が見られます。朝の時間帯に憂鬱な気分が強い時は、うつ病に罹っている可能性があります。毎朝楽しみにしていた、朝刊が読めなくなったり、テレビの音などが気になるなどの症状が見られます。2週間以上憂鬱な気分が続く時は、心療内科や精神科の病院やクリニックを受診するのをお勧めします。うつ病に罹ると、脳内のセロトニンが不足しやすくなります。朝起きた時に、電気を点けたり、雨戸を開けて日光を入れたりするのもお勧めします。脳の血流を促進するために、軽いストレッチなどの運動を行うのも効果的です。憂鬱な気分が長く続いてしまい、遅刻や欠勤、欠席などが見られるようになります。うつ病は早期に発見すると、回復を速めることが出来るので、まずはカウンセリングやうつチェックなどを受けることが大事です。チェックシートを使用したり、問診などを行います。

健康な人は、会社や学校で嫌なことがあっても、3日から4日ぐらいで元気になる人がほとんどです。真面目で責任感の強い性格の人や、ストレス耐性の弱い人はうつ病に罹りやすい傾向があります。朝起きた時に憂鬱な気分がありますが、夕方になると気分が良くなる傾向があります。一般的なうつ病の場合は、朝に憂鬱な気分が強く出る傾向があります。動悸や息切れ、めまい、胃の不調などの身体症状が見られる時は、早めに精神科や心療内科を受診して下さい。地元で評判の高い精神科や心療内科のクリニックでは、最初から強い薬を処方することはありません。うつチェックやカウンセリングを行い、総合的に判断をして病気が診断されます。朝起きた時に気分が優れず、なかなか起き上がれなくなったり、食欲不振や便秘などが見られる場合も、うつ病を疑う必要があります。うつ病は大変ポピュラーな精神疾患なので、お子様から高齢者まで誰でも罹る可能性があります。同居している家族に変化が見られる時は、病院に付き添ってあげることが大事です。

Copyright© 2019 午前中のみに調子が悪くなる場合も精神的な病気の可能性がある All Rights Reserved.